raidの復旧は専門業者を利用しよう|任せて安心ナビ

ピックアップ


業者さん

種類による状況の違い

RAIDの復旧を行いたい、そう考えた時にはその方式によって設定が変わるため、様々な問題解決方法を検討することが求められます。ただし、自分で対処できないと少しでも思うならば、専門業者に依頼するほうが確実です。

» 詳細を確認する

パソコン

行ってはいけないこと

raidを復旧させるために様々なパーツ交換を検討することもよくありますが、多くの場合それは徒労に終わる行為です。のみならず、本来ならば問題を改善することができたはずなのに、改善で気無くしてしまうこともあります。

» 詳細を確認する

復旧させる

リビルドのリスク

raidの復旧としてまず考えられる手法がリビルドです。この作業を行うことによってエラーが起こっているハードディスクを除いた環境下で元通りに再構築することができますが、リスクが大きい作業だという認識が必要です。

» 詳細を確認する

安心できて便利な設定


raidの復旧が必要になって専門家に相談をする、そういった状況が今では一般的になりつつあります。
複数のハードディスクを組み合わせて一台のハードディスクとして扱うことができるraidのシステムは、壊れた時に復旧することが個人では難しいため、専門家に相談をすることが大切です。
raidは組み立てることこそ自分でできるものではありますが、トラブルが起きた時に復旧することは自分でできることではありません。
もちろん、自分で挑戦することが出来る部分もあります。ですが、自分で挑戦してしまった時の失敗リスクが非常に大きいのがraidの復旧です。
raidを復旧したいと考えたときに、確実な方法を選択するならば間違いなく専門業者に依頼するほうがよいでしょう。

raidを復旧する必要性、それを考えるときにはraidを構築する必要性があります。
そもそも構築する必要性がなければ、raidを復旧する必要性もありません。
raidの構造として、複数のハードディスクを一台のハードディスクとして扱うことができることで、データの処理を素早くしたり、データのバックアップを自動的に作成したりする効果を期待できます。
つまり、作業効率化やリスクマネジメントのために活用できる便利な設定です。ハードディスクをそのままコピーするミラーリングが行われていれば、安心できるという点でも見逃せません。
ですから、raidの構築は最近では個人でも行われるようになっています。
とはいえ、相手はハードディスクです。トラブルからの復旧は、どう頑張っても不可能なこともあります。
個人で対応できるレベルを超えるのがハードディスクの復旧ですから、当然raidの復旧も個人で行うことは難しいということになります。
だからこそ、専門業者にraidの復旧を依頼するほうが良いことは明らかです。